立志社京都の暮らしを感じる町家
立志社
京都の暮らしを感じる町家


News

2019.12.06

ブログ

南座新開場一周年記念「吉例顔見世興行」を見に行ってきました!

こんにちは、risshishaですsmiley

あれ…気づいたら12月じゃないですか…surprise
もう2019年もカウントダウンが始まってしまいましたね。
来年2020年はオリンピックの年で、日本が主役になれる年かと思います。
ぜひみんなで日本を盛り上げていきましょう!

(余談…日本でオリンピックを見れるなんてもうないかもしれない!と思って申し込んではいるのですが全く当たりません。くじ運のなさ。angry 昔からこういうの当たらない人生を歩んでまいりました。)


では今回は今南座で行われている”南座新開場一周年記念「吉例顔見世興行」”を(経理担当が)見に行ってきたお話をさせていただければと思います。

11月30日から12月26日まで行われるもので、昼の部と夜の部に分かれています。

昼の部
輝虎配膳 (てるとらはいぜん)
戻駕色相肩 (もどりかごいろにあいかた)
金閣寺 (きんかくじ)
仮名手本忠臣蔵 (かなでほんちゅうしんぐら)

夜の部
堀川波の鼓 (ほりかわなみのつづみ)
釣女 (つりおんな)
魚屋宗五郎 (さかなやそうごろう)
越後獅子 (えちごじし)


四代目 坂田藤十郎さん、片岡愛之助さん、八代目 中村芝翫さん、中村橋之助さんなどが様々な役柄をやってらっしゃいます。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/minamiza1912/

経理の方的には『仮名手本忠臣蔵 (かなでほんちゅうしんぐら)』がよかったようです。

私は生の歌舞伎を見たことがないので行ってみたいのですが、なかなか足を踏み出せずにいます…sad
みなさまは見に行かれたことございますでしょうか?
京阪電車で行くと「祇園四条駅」を出たらすぐにございます。アクセスばっちりですので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうかwink

ではでは…!


Page Top