立志社京都の暮らしを感じる町家
立志社
京都の暮らしを感じる町家


News

2022.04.13

ブログ

京都歩き(都をどり)

こんにちは。
立志社の前田です。

京都の春の風物詩と言われる
伝統的な都をどり

幸運にもチケットを頂き
観覧して参りました。

場所は、南座という
京都版歌舞伎座。

京阪祇園四条駅の
すぐ隣にあります

国の文化財にも指定されている
南座は、2018年に3年間に渡る
大規模リニューアル工事を終え
伝統的美観に磨きがかかっています。

都をどりは
約1ヶ月間の期間中
1日3回上演されます。

14時20分からのお昼の部に
行ってみたのですが
入り口は大勢の観覧客で
混み合っていて
大変な人気です。

みなさん、京都の春を
こういう風流な形で楽しまれて
いたのですね。

(上記写真は公式HPより)
講演時間は約1時間程。
舞台は、春から始まる四季の物語。
次の春で締めくくられます。

フィナーレはとても華やか。
仁和寺の桜を背景に
全員揃っての踊り。

つい先日、仁和寺の桜を
見に行ったばかりだったので
勝手にご縁を感じてしまいました。

これはみなさんにも是非
ご覧頂きたいなと思いました。

一等席:6,000円
二等席:4,000円
学生券:2,000円

1時間ほどの舞台なので、
京都観光のスケジュールに
組み込まれると

いつもとひと味違う
素敵な京都旅行をご堪能
頂けるかと思います (^^)


Page Top